リフォーム・リノベーション・建て替えの違いとは? | 注文住宅の相談窓口-コダッテ

工務店・建築会社紹介サービス   注文住宅相談所

CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

 

家がそろそろ古くなってきた・・・建て替えとリフォームどっちにしたらいい?リノベーションも最近流行ってるって聞くし、どの選択をしたらいいかわからない!

それぞれの違いをわかりやすく解説します。

 

リフォーム

老朽化している部分や壊れている部分を直したり、修理すること。外装の塗り直しやお風呂の設備変更、外壁の張り替えなど、一箇所のみを修繕することを言います。

 

リノベーション

既存の建物の性能を向上し、使いやすさを改善する工事を施すことを差します。例えば、子供が大きくなり部屋の仕切りを増やし新しく部屋をつくったり、災害に備えて耐震性を高めるなど。構造は変わらないので、家の形はそのままになります。

フルリノベーション

名前の通り、骨組み以外をすべてリノベーションします。築年数は変わりませんが、見た目は外観も新築同様に変わります。

 

建て替え

基礎部分を含めて全壊させ、新築同様新しい建物を建てること。

 

 

それぞれの特徴比較      

リフォーム リノベーション 建て替え
費用 数十万円~数百万円 フルリノベーションであれば建て替えの70%程度 新築と同じ
築年数 変わらない 変わらない 新築扱い
間取り 変わらない 変更する場合もあり 自由
見た目 主に内観 内観と規模により外観も 外観から新しく変わる
構造 変わらない 一部変更可能 新しく設計可能
 

 

それぞれのメリット・デメリット
リフォーム リノベーション 建て替え
メリット 建物を壊さなくてよい 自由に設計できる 間取りや設備など現在の不満点がほとんど解決
工事期間が短い 中古物件を買うなど物件の選択肢が増える 構造から変えられるので、安心
引越しが必要ない 新築を建てるよりもコストをおさえられる 比較的多額のローンが組める
総予算が低額で済む
各種税金が軽減できる
デメリット 間取りが自由にならない 築年数がふるい物件の場合耐久性に不安 愛着ある家を解体
基礎、柱、梁などの主要構造を変えない場合、家の強度に不安が残る 住むまでに時間がかかる 建築費は新築同様
構造補強を含めたリフォームは新築より高額になる可能性がある リフォームローンは金利が高い傾向がある 仮住まいが必要
 

 

目的と予算にあわせた選択を

近年生活スタイルも多種多様化していることから、リフォームや建て替えの中間的に位置する、リノベーションが増えてきています。リノベーションをする際には、購入する中古物件が建築基準法改正前の建物であれば、構造や工事内容が甘い可能性が高くなりますし、そのような注意も必要となってきます。小規模のリフォーム以外では、今後どのくらい住むことを予定しているのか、耐久性はどのくらい必要とするのかということをしっかりと考えた上で決めていかなければなりません。

また、同じ家のことでも建築会社によって得意分野は違いますので目的に合った建築会社選びも予算とリスクを抑えるためには大切ですね。

 

———————————————————————————————————————-

コダッテでは、このようなリフォーム・リノベーション・建て替えでお悩みの方からの相談も受け付けしていますので、

建て替えか大規模リフォームで悩まれている方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。
もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはおメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.