生活スタイルで選ぶ!二世帯住宅4パターン | 注文住宅の相談窓口-コダッテ

工務店・建築会社紹介サービス   注文住宅相談所

CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

お互いを配慮しつつ、関係が深まる二世帯住宅に

いくら親子とはいえ、プライバシーは確保したいもの。

生活を共有できるところと、できないところの線引きをしっかりとしておく必要があります。

助け合いながらもお互いの暮らし方を尊重し、仲がより深まる家づくりが大切です。

状況と関係によって空間をどう分けていくかを、二世帯住宅の代表の4パターンの特徴を紹介しながら説明していきます。

 

 

二世帯住宅 代表の4タイプ

 

 

%e4%ba%8c%e4%b8%96%e5%b8%af%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97
 

 

共用系

・共同タイプ

玄関を一つにし中で空間を分ける、昔から日本にある二世帯型です。コミュニケーションをたくさんとれお互いの生活に入り込んだパターンです。

基本的にはお風呂やキッチンも共同ですが、確保できる場合は、中でキッチンを分けたりお風呂を分けるなど各世帯の空間をつくりつつ、生活をお互いが把握できます。

家族の関係性によっては生活しづらいこともありますが、いつも一緒にいることで困ったときにすぐ助けることができます。

ローンや各種税に関しては、一つにまとまってしまいます。

 

分離系

玄関を世帯ごとに分けて住み分けをするのが分離系です。適度な距離感がほしい場合に向いています。

家の作り方によっては、ローンや各種の税がそれぞれの世帯で負担ができます。

・上下分離・内階段タイプ

1階と2階で住み分けをするタイプで、玄関は別々なものの、階段が中にあるので顔をあわせることも多く何気ない生活の中でコミュニケーションをとることができます。

上下で分けるタイプでは、バリアフリーの観点から1階に親世帯、2階には子世帯が住むのが一般的です。

・上下分離・外階段タイプ

先程の上下分離パターンの、階段が外にあり完全に世帯を分けるバージョンです。二階建てのアパートのようなイメージですが、生活につながりを持たしたい場合は家の中に内階段をつけることで交流の機会を増やすことができます。

・連棟分離タイプ

玄関だけでなく、世帯が完全に壁と壁で区切られているパターンです。建物を区分して横並びになっている状態で、各家をそれぞれの好みのものにすることができます。親世帯を平屋にして、子世帯は2階建てなど、家事体の構造は一般的な構造となんら変わりはありませんが、土地や庭が共有であることで、家族そろったイベントを楽しめたり頻繁に様子をみたりすることができます。

また、もし将来的に親世帯がいなくなったり、同居の解消になった際は賃貸物件として貸出をすることができます。

デメリットとしては、積極的にコミュニケーションをとらなければ完全に別世帯で孤立してしまう可能性もあります。

「近くにいる」という安心感があるだででよければこれも一つ良い方法でしょう。

 

 

 

 

まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。
もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはおメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.