お家の健康診断 番外編その1(フローリングのお掃除) | 注文住宅の相談窓口-コダッテ

工務店・建築会社紹介サービス   注文住宅相談所

CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

こんにちは、皆さん!

桜の季節が過ぎ、若葉の緑が眩しい季節となりました。

弊社にも春一番、フレッシュな社会人1年生が入社してきました。

 

DSC_0299 (2)
 

今回は皆様に、たまたま弊社で実施致しました、店舗の床ワックス施工の状況を踏まえて皆様のお家の床ワックス施工のコツをお伝え致します。
みなさんのお家には、必ず床がりますよね。
よく見ると一番汚れている場所の一つではないでしょうか?

そこんところを

         ”キレイにしよう!

と思っても、なかなかどうして良いものか、迷ってしまいますよね。
少し経験のある方ならおわかりかと思いますが、意外とうまくいかないことも多いかと思います。

そこで今回は、お家の床のワックスがけについて、

       ”プロのコツ

をお伝えいたします。

まずは、ワックスを掛けても良い床かどうかの見極めから。

(今回のワックス掛けは、艶を出し、傷をつきにくくするいわゆる”フローリングワックス”を中心にお話します)

比較的新しいお家にお住まいの方は、フローリングが大半だと思われます。
また、天然ムク材のフロアーの方もいらっしゃると思います。
この材料を見極めないと、ワックスをかけられるか、どんなワックスを使って、どんなワックスの効果があるかなどを判断できません。

今回は、このフローリング、もしくはビニールフロアー(クッションフロアー)を基本にお話します。

それでは手順のご説明。

1.まずは汚れの程度チェック

汚れの度合いをチェックします。

一般のご家庭ではLDK辺りが一番汚れているでしょう。

古いワックスも変色や劣化していますので、これを残すとあとに影響がでます。というよりこれが一番の問題になります。

家具は全部他の部屋などに移動しておきましょう。

 

2.事前の掃除

掃除機をかけます。大まかなゴミをとっていきます。
部屋のスミの部分や、サッシ周りや建具の敷居などは入念にかけます。

表面にこびりついた汚れなどは雑巾などで拭き取ってください。
砂や、ホコリ、汚れはこの段階で一度キレイにして、次の段階に進みましょう。

 

3.洗剤、道具、ワックスを用意します

フローリング用専用洗剤、スポンジ(柔らかいものとナイロン製の硬めのもの)数個、雑巾多数、
バケツ2個以上、汚水回収用ゴムワイパー、ゴム手袋、ビニール袋、養生用のテープ、
フローリング用ワックス、ワックス塗布用のモップ、ビニールシートなどです。

 

3.クリーニング範囲の決定

まず1回でクリーニングを行う範囲を決めます。初めての方は、小さな範囲から進めましょう。
汚れにもよりますが、1人では1日で6畳程度が限界だと思います。

作業を始めたら、途中で終わることはおすすめしません。
必ず仕上がりに影響するため、お部屋単位でやりきってしまいましょう。

 

4.部屋の床まわりの部分の養生

床のワックスを施工する範囲の境目の養生をします。
ドアの敷居や、レール、床と壁の境目にある”巾木”と呼ばれる見切り材など、
洗剤分がついたり、水分を含むと支障のあるところを養生テープを使って養生します。

 

5.洗剤の用意

フローリング専用洗剤を、洗剤の説明書きをよく見て、バケツに水と調合して希薄します(中には原液タイプのものもあります)。
この場合気をつけることは、ワックスが残っていないかという点です。
洗剤でワックスを溶かしながら進めますので、溶かしきれないとワックスが残ってしまいムラとなります。多めの量を作って下さい。

 

6.汚れ落としと、古いワックスの剥離(はくり)

ここまで準備できたらいよいよ作業スタート。だいたい畳半畳分くらいずつはじめます。

先ほど調合した洗剤を用意した硬めのスポンジに含ませ、塗り広げます。

塗布して、2,3分放置後、そのスポンジで今度はワックス分をこすりながら落としていきます。

汚れはワックスの表面に付いているので、一緒にめくれて、最初のフローリングの表面が出てきます。

その後速やかに水切り用ワイパーで洗剤分をかき集め、水で絞った雑巾で洗剤分を拭き上げます。

雑巾はもう一つ空のバケツを用意しておいて、絞りながらすすめましょう。

 

この作業を根気よく繰り返していきます。

作業は部屋の奥から出入り口に向かって進めます。最後に自分自身が部屋から出て行けるように考えて作業して下さいね!

そうすれば、床も、窓からの光の反射で、汚れ落ちが確認しやすくなります。

 

 

さあ、どうでしょうか?ここまで来たら後戻りはできませんよ!かなり体力仕事ですねエ……。

 

おっと、今回はここまでで時間切れです。この続きはまた、次回に書いていきますね。

住宅に関するご相談は、いつでもコダッテまで!! プロのスタッフがいつでもお待ちしております。

 

まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。
もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはおメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.