お家の健康診断 その4 (外壁編) | 注文住宅の相談窓口-コダッテ

工務店・建築会社紹介サービス   注文住宅相談所

CODATTE(コダッテ)注文住宅
特集

皆さん、こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

サービス開始から今まで、皆様方から実に様々なご相談を頂いております。

「住宅の建て方なんてわからなかったから、コダッテがあってホント助かった」というお声も届き始めました。

これからもコダッテはみなさまのおうち選びの最高のパートナーとなるべく、邁進致しますので、よろしくお願い致します。

DSC_0366

さて、いまは、いや~な 梅雨❢

ジメジメして、洗濯ものも、なかなか乾かない時期ですね。

お家もこの時期、いろいろなトラブルの原因となりやすい時期です。

さて、今回は重要な外壁のトラブル編、その1ですよ!

みなさんのご自宅は大丈夫でしょうか?

 

外壁の良し悪しは、なかなかご自身では判断できないことが多いのではないでしょうか?

ある日、「ピンポ~ン」 「いま、ご近所で外壁の補修工事をしているのですが・・・・」

「この外壁、もう雨水が入っているようですが・・・」

と、いきなりの飛び込みで、ドキッとするような指摘が・・・。

最初はこんな感じで、気になりだした、ということが多いのではないでしょうか?

 

外壁には材質や施工方法によって補修方法も様々ですが、ほとんどの場合、表面には塗装が施されているでしょう。

年数がかさむと、この塗装が劣化し、雨水などが侵入するようになって、知らず知らずのうちに被害が広がってしまいます。

そうなる前に、定期的な点検を信頼の置ける業者に依頼して判断してもらうのが最も良い方法ですが、まず、セルフチェックができるようにポイントの説明を致します。

 

まず、材質にかかわらず、外壁を細かく観察してください。 「ひび割れ」 「めくれ」 は無いでしょうか?

これはすぐにでも雨水などが染みこんで、建物を急速に悪くしてしまいます。
誰にでもできるチェックなので、見てみましょう。

細かく順番に見ていきますが、特にベランダ廻りや、サッシの周辺などは起こりやすいので入念に観察してください。

次にサイディングボードや、ALCなどのボードが施工してある外壁の方は、先ほどと一緒で、表面のひび割れ、めくれ、さらに板の反りや浮きを見てください。

そして、ボードの継ぎ目(コーキング)の箇所にひび割れがないか確認してください。この継ぎ目にひびがある場合も雨水の侵入が考えられますので、要チェックです。

もう一度おさらいです。

1,サッシ周りにひび割れ、浮きはないか

2,板の継ぎ目にひび割れ隙間はないか

3,外壁表面のめくれはないか

一度ゆっくり観察してください。

次は塗装の劣化具合です。

塗装は色の劣化などは目につきますが、だんだん色が変わってきているため、新築時の色を覚えていないのが実情です。給湯器の裏側の壁や、表札、ポストの影の部分などをみて、比べてください。

あと、もう一つは、塗装表面を手で触ってみて、手の指が白っぽうなったら”チョーキング”と言われる現象です。塗装表面が劣化し、風化して粉を吹いている状態です。

こうなっていたら、再塗装を行いましょう。

まずは、ご自身でセルフチェックをしてみてください。

次回は塗料の選び方などについてです。

では、今回はここまで。

家のことでの疑問点や相談したいことがあれば、いつでもコダッテまでお問い合わせください。

では、また、次回にお会いしましょう!

まずは個別相談にお申し込みください 個別相談

コダッテ相談窓口(JR大阪駅より徒歩7分)でご相談に乗ります。 お越しいただくことが難しい方は、コダッテアドバイザーがお客様のご自宅近くまで出張いたします。
もちろん相談後にお断りいただくことも可能です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お忙しい方にはおメール相談も可能 メール相談

お時間をとるのが難しい方には、メールでもご相談に乗ります。 ご希望条件をお伺いし、メールや郵送で、お客様にぴったりの建築会社・工務店をご紹介いたします。 お気軽にご連絡ください。

たいせつにします プライバシー

Copyright 2015 codatte All rights reserved.